夏休みにハマったシリーズもの

今週のお題「読書の夏」ということで。

夏休みに宿題もせずにいっき読みした小説のシリーズものなどを書いてみますね。

池波正太郎の「鬼平犯科帳」「剣客商売」「真田太平記。文庫本で鬼平犯科帳は24巻、剣客商売は19巻、真田太平記は12巻なので数だけみるとそこそこの分量ですが、一度読み始めるとずんずん読み進められます。気が付くと全部読んじゃってた、という感じです。

おっさんの読むものだと敬遠していた池波小説ですが、実際読んでみるとハマってしまいました。

鬼平犯科帳(一): 1

鬼平犯科帳(一): 1

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました