今年のSuper Jr.のメンバーが発表されましたね

スポンサーリンク

たまにはプロレスのことも書いてみます。

 

正直最近の新日にはあまり興味がなくなってきているのでアレなのですが、ジュニアヘビー級は好きなのでチェックするようにしています。毎年開催されているジュニアで1番を決めるシリーズのBest of Super Jr. もかれこれ25回目となりました。今年は5/18と5/19の後楽園2連戦で開幕します。

 

ファイヤープロレスリング ワールドPresents BEST OF THE SUPER Jr.25
...

 

もう大阪に移り住んで6年も経っているので、後楽園ホールにもしばらく行ってません。ファンタスティカ•マニアとか、初回から後楽園のは全部行っていたので懐かしいです。試合後にミスティコ(初代!)と写真を撮ってもらったりしましたね。

 

今年のメンバーはこんな感じです。

●Aブロック
17年連続 17回目の出場(2004年、2005年優勝)
タイガーマスク

2年連続2回目の出場
ACH

初出場
フリップ・ゴードン

3年連続 3回目の出場(2016年優勝)
ウィル・オスプレイ

3年ぶり2度目の出場
YOH

8年ぶり2度目の出場
石森太二

2年連続2回目の出場
金丸義信

3年連続6回目の出場
BUSHI

 

●Bブロック
9年連続9回目の出場(2015年、2017年優勝)
KUSHIDA

13年連続 15回目の出場(2012年優勝)
田口隆祐

初出場
クリス・セイビン

2年連続2回目の出場
ドラゴン・リー

2年連続2回目の出場
マーティー・スカル

2年連続3回目の出場
エル・デスペラード

2年連続4回目の出場
高橋ヒロム

初出場
SHO

 

タイガーマスクさんは大丈夫なんでしょうか?ここ最近の仕事ぶりからも(ここ最近じゃなくても)そろそろ・・・な感じです。この枠はみちのくプロレスとかドラゴンゲートとかの国内のレベル上げに使った方が良いと思うんですよね。かつてのSuper J Cupじゃないですけど、インディーでコツコツやっていた選手が一晩でスターになっちゃうような出来事って今の新日でしか生まれないんですし。

Lion’s Gateをもっと活発にして他団体の若手をどんどん引っ張り上げて、本隊の興行とリンクさせて色々なストーリーを仕込んで行かないと、今のままだとほぼ固定された面子でしかベルトを回せないんです。マンネリ化してきたところに起爆剤として中途半端なまま海外から帰って来させられてしまう生え抜きの残念さったらもう目も当てられません。もっと大事に育てていかないと田口Japanとかボーンソルジャー的なポジションが充実してしまって、5年後のメインイベンターは誰?ってことになってしまいます。

男色先生が小鉄さんを激怒させて大きなインパクトを残すのもアリです。こんなことは生え抜きで出来る人はいないんですから。マキシモさんのキャラがウケたのも男色先生が下地を作っていたからというのもあるかもしれません。

 

そんなこんなで今年はエル・デスペラード選手が優勝して、その実力を正当に評価してもらいたいと思っています。

コメント

  1. xlab より:

    エル・デスペラードさんには是非とも勲章が欲しいところかと。
    年齢的にも30代半ば。
    これ以上、後輩の後塵を拝するわけにはまいりませんものね。

  2. apocryphally より:

    メンバーにポンコツが1人も居なくて、誰もがプロレスIQの高い名人ばかりのユニットって鈴木軍くらいしか無いんですよね。その中で揉まれてきたデスペさんはもっと評価高くても良いと思うんですよねー