お風呂掃除の裏ワザ まじか?っていうほどピカピカになるんですよ

この記事は約3分で読めます。

休日に張り切ってお風呂掃除をしましたよ。そんな時にちょっと便利な裏ワザを使ってみたのでご紹介します!

スポンサーリンク

風呂の汚れの種類を把握する

お風呂の掃除で困る主な要素は大きく分けると次の3つですね。

  • 水垢
  • 皮脂・石鹸カス
  • カビ

カビはカビ専用の洗剤を使うのが一番だと思いますが、そのほかの水垢、皮脂・石鹸カスは洗っても洗ってもすぐにお風呂の床などにこびりついてしまって大変ですよね。特に最近のお風呂の床は水はけがよくなっている分、凸凹が多くなって皮脂などが溜まりやすくなっているように感じます。

厄介な皮脂と石鹸カスの汚れって何でできている?

  • 皮脂・石鹸カス

汚れの成分で一番多いのは「油分」です。皮脂は文字通り垢と一緒に流れ落ちた油です。石鹸も原料は油からできていますよね?これらの油分がキレイさっぱり流れてくれればお風呂の床もピカピカになるはずです。油を効率的に洗い流すことができるものは何かと考えた時に思いつきいました。

これって食器洗剤のMagicaでいけるんじゃないかと。

Majicaはこんな洗剤

MagicaはLionから出ている食器用洗剤で、その特徴は下の絵のように油汚れをサラサラ落としちゃうという洗剤です。

f:id:apocryphally:20180529123012j:plain

※ 画像は公式HPより

製品情報|食器用洗剤 Magica(マジカ)|ライオン株式会社

 

油をナノレベルにまで一気に分解」してしまうので、お風呂の床にこびりついた油系の汚れもきれいさっぱり洗い流すことができます。

浴槽の壁などの排水溝の上のあたりにガリガリこびりついている汚れも、Magicaをまんべんなく塗り付けて、少し時間をおいてからスポンジでチョイとこするとスルッときれいになります。洗い場の床を洗う時はブラシなどで泡立てながら床面全体に伸ばして広げておいて、少し時間をおいてから軽くこすってやると泡が少し黒ずんで、いかにも汚れを浮かせてますよっていう分かりやすい感じで汚れを落としてくれます。水で洗い流すと入居したばかりのピカピカなお風呂の床になっていますよ。

最後はきちんと洗い流してくださいね。

実際に洗ってみるとこんな感じ

お風呂は洗ってしまったあとでブログにしようと思いついたので、まだ洗っていなかった風呂桶の使用前、使用後の写真です。

– 洗う前 –

f:id:apocryphally:20180513101004j:image

– 洗った後 –

f:id:apocryphally:20180513101030j:image

分かりづらくてすいません。

洗う前の写真の桶は淵のあたりに皮脂がついてざらざらした感じになっていますが、洗った後の写真ではピカピカになっているのが何となく伝わっていないでしょうか?これはブラシも使わずに素手で洗っています。5分もかからないでピカピカにしてやりましたよ!

スポンサーリンク

まとめ

  • 界面活性剤スゲー
  • 泡切れが良い
  • 素手でも安心

以上LIONさんの回し者では全くないですが、たまたま気が付いてやってみらとても気持ちよくお風呂に入れたので皆さんにオススメしてみました。あくまでも食器用洗剤なので、風呂に何かあっても誰にも文句言わないでくださいね。LIONさんがMagicaのお風呂バージョン作ってくれたら最高なんですけどねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました