Myrrha Gavotte / John Philip Sousa (1877)

myrrha gavotteアイキャッチ1870's
この記事は約3分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

スポンサーリンク

Myrrha Gavotte / John Philip Sousa

この曲のタイトルの「Myrrha」はギリシア神話に登場するフェニキアの王女「ミュラー」のことです。神話を題材にこの曲が作られたようです。

Try Apple Music

John Philip Sousaについて詳しく知りたい方は↓をチェックしてください。

ミュラー(Myrra)のお話

ミュラー(ギリシャ語:Μύρρα、Mýrra)はスミルナ(ギリシャ語:Σμύρνα、Smýrna)とも呼ばれ、ギリシャ神話のアドニスの母です。キニュラースの家系はアフロディーテを信仰していました。しかし王女ミュラーはとても美しく、一族の誰かが「ミュラーは女神アフロディーテよりも美しい」と言ってしまいました。これを聞いたアフロディーテは激怒してミュラーが実の父であるキニュラースに恋するように仕向けました。父親を愛してしまい悩んだミュラーは、自分の乳母に気持ちを打ち明けました。

彼女を哀れんだ乳母は二人を引き合わせてしまいました。キニュラースは顔を隠した彼女と一夜を共にしましたが、その後それが自分の12歳の娘のミュラーだと知ってしまい、怒った彼はミュラーを殺そうと剣をもって追いかけました。彼女はアラビアまで逃げのび神々の元を訪れました。彼女を哀れに思った神々は、ミュラーをミルラ(没薬・もくやく)の木に変えました。やがてその木に猪がぶつかり木は裂け、その中からアドーニスが生まれました。そのアドーニスにアフロディーテが恋をしてしまいました。やがてアフロディーテは赤ん坊のアドーニスを箱の中に入れると、冥府の王ハーデースの妻で女王のペルセポネーの所に預けました。彼女はペルセポネーにけっして箱の中を見るなと注意しておきました。しかし、ペルセポネーは好奇心に負け箱を開けてしまいました。すると、その中には美しい男の赤ん坊のアドーニスが入れられていて、彼を見たペルセポネーもアドーニスに恋してしまいました。こうしてアドーニスはしばらくペルセポネーが養育することになりました。

アドーニスが少年に成長し、アフロディーテが迎えにやって来ました。しかし、ペルセポネーはアドーニスを渡したくなくなっていました。2人の女神は争いになり、ついに天界の裁判所に審判を委ねることにしました。その結果、1年の3分の1はアドーニスはアフロディーテと過ごし、3分の1はペルセポネーと過ごし、残りの3分の1はアドーニス自身の自由にさせるということとなりました。 しかし、アドーニスは自分の自由になる期間も、アフロディーテと共に過ごすことを望みました。ペルセポネーはアドーニスのこの態度に大いに不満でした。

アドーニスは狩りが好きで、毎日狩りに熱中していました。アフロディーテは狩りは危険だから止めるようにといつも言っていましたが、アドーニスはこれを聞き入れませんでした。アドーニスが自分よりもアフロディーテを選んだことが気に入らなかったペルセポネーは、アフロディーテの恋人である軍神アレースに「あなたの恋人はあなたを差し置いて人間に夢中になっている」と告げ口をしました。これに腹を立てたアレースは、アドーニスが狩りをしている最中に猪に化けて彼を殺してしまいました。アフロディーテはアドーニスの死を大変悲しみました。やがてアドーニスの流した血からアネモネの花が咲いたと言われています。

Myrrha Gavotteの楽曲プロフィール

  • Title : Myrrha Gavotte
  • Date : 1877年
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました