Silver Spray Schottische / John Philip Sousa (1878)

silver spray schottischeアイキャッチ1870's
この記事は約3分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

スポンサーリンク

Silver Spray Schottische / John Philip Sousa

出版されたシートミュージックの表紙には「To Mr. C. F. Eaton. Washington D. C.」と書いてあるのですが、このMr. C. F. Eatonという人物についての情報がネット上では見つかりません。
なにか見つけたら追記しますね。

Try Apple Music

John Philip Sousaについて詳しく知りたい方は↓をチェックしてみてください

Schottischeとは?

この曲のタイトルにあるSchottische(ショティッシュ)というのはボヘミアで生まれたとされるフォークダンスのようなパートナーカントリーダンスです。ゆっくりした音楽で踊るポルカの一種と考えられています。ビクトリア朝時代の舞踏室で流行したボヘミアンフォークダンスのひとつとして人気があり、ヨーロッパ、南米、アメリカなどに広まりました。

ショティッシュはヨーロッパからアメリカに伝わり、ダンスのバリエーションは無数にあります。1848年以降、ショティッシュの古い社交ダンスの数々がカリフォルニアで踊られました。当時の社交ダンスのリストに「ファイブステップ・ショティッシュ」と修正を加えたハイランドショティッシュが含まれていました。
テキサスにはDrunken、Blue Bonnett、MgGinty、Douglasというショティッシュのようなダンスがありました。ショティッシュのバリエーションには、ストレートレッグキック、キックホップ、スタンディングホップがあります。どちらにも、ショティッシュの一部である伝統的なホップ(小さいジャンプ)が含まれています。

20世紀初頭のアメリカ南部では、ショティッシュはラグタイムと組み合わされました。当時最も人気のあった「ラグタイムショット」は、1902年のThomas S. Allen(トーマスS.アレン)の「Any Rags(エニーラグ)」でした。ニューオーリンズではBuddy Boldenのバンドと他のプロトジャズグループがホットショティッシュを演奏することで知られていました。Cotton Eyed Joe(コットンアイドジョー)の後にカントリーウエスタンダンスの会場でウエスタンプロムナードダンスとしてしばしば踊られていました。

ショティッシュはこんな感じのダンスです

The Schottische at the Texas Cowboys' Christmas Ball

ちなみにCotton Eyed Joeはこんな曲です

Amber Hayes – Cotton Eyed Joe [Official Music Video]
Try Apple Music

Silver Spray Schottischeの楽曲プロフィール

  • Title : Silver Spray Schottische
  • Date : 1878年
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました