Nymphalin / John Philip Sousa (1880)

nymphalinアイキャッチ1880
この記事は約1分で読めます。

こんにちは!あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

楽曲プロフィールの中のリンクをクリックするとそのキーワードが出てくる記事の一覧を見ることができます。気になる曲や録音された日付、アーティスト、作曲者、作詞者などの記事をまとめて読むことができます。

*掲載している曲の一部には差別を助長するようなタイトルの曲があります。歴史を辿る面では避けては通れないデリケートな問題ですが、当時のものをそのまま記載しています。当然ながら本ブログには差別を助長するような意図は全くないという点、ご理解いただければ幸いです。

【AD】

Nymphalin / John Philip Sousa

おそらく1880年の彼の作品の中で最も興味深いのは、4月に出版された空想「Nymphalin」でしょう。この時期のSousaは劇場のミュージカルを作成することが主な仕事でした。彼は「Nymphalin」の作曲で脚本がなくとも聞き手が情景を思い浮かべられるような説明的な曲を書こうと努力したようです。

後の版ではエドワード・ブルワー・リットン(Edward Bulwer-Lytton)の小説 『Pilgrims of the Rhine(1834年)』の一節を取り入れていました。

「しかし、現在、静かな夜に聞こえる音のように、柔らかい音楽が漂っているのが聞こえ、そこから妖精が姿を現しました。幽霊のような影が時間の深淵を通してその形を浮かびあがらせ、完全に音がない世界を支配して揺れていました。」

Sousaはこの流れるような作品でエドワード・ブルワー・リットンの妖精の女王を表現しようとしていたことは明らかです。繰り返されるキー、テンポ、ムードの変化によって聞き手は妖精のダンスをじっと見つめることができます。


Try Apple Music

Nymphalinの楽曲プロフィール

  • Title : Nymphalin
  • Date : 1880年4月
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました