「decent」ってどういう意味?

decentアイキャッチ Study English
この記事は約3分で読めます。

こんにちは 「あぽ(@apocryphally1)」です。 派手なアイキャッチで英単語を覚えていく「派手単」です。単語の意味を語源から辿っていき、どんな文脈でも対応できるようにその単語のコアのイメージをおぼえるのが目的です。単語力をモリモリ鍛えましょう!

これまでの「派手単」はこちらのリンクにまとめてありますので良かったら見てみてください。

派手なアイキャッチで英単語を学ぶ「派手単」
派手単シリーズをまとめてチェック
スポンサーリンク

decentとは?

普通は「まあまあ」とか「まともな」という意味で覚えている「decent」ですが、調べてみるといろんな意味があります。”Are you decent?”でなんで「服を着ている?」っていう意味になるんでしょうね。

今回は「decent」について、そのコアのイメージをつかんでいきましょう!

decentの語源

「適している」という意味のラテン語「decens (decere)」、「名誉」という意味の「decus」という言葉と同じルーツの言葉です。

この辺りを混ぜていくと「名誉に適している」→「世間に認められる」→「社会的にしっかりしている」というような意味がコアのイメージになります。

decentの辞書的な意味

まあまあの、人並みの、適当な、なかなかよい、穏当な、慎みのある、上品な、ちゃんとした、相当な身分の、寛大な、公平な、服を着る

ついでに覚えてしまう単語

chaste・・・貞節な

descent・・・下に

fair・・・公平な

generous・・・寛大な

indecent・・・下品な

kind・・・親切な

modest・・・慎み深い

pure・・・純潔な

decentをつかったフレーズなど

decentを使ったフレーズなどを集めています。辞書的な意味を語源などから解釈していきますので想像力をはたらかせてみてください。

a decent income

世間並みの収入・・・世間並の(decent)収入(income)

a decent meal

まともな食事・・まともな(decent)食事(meal)

Are you decent now?

服を着た?・・・服をきてまともな恰好になった?

at a decent time

まともな時間に・・・(常識の範囲内の)ちゃんとした(decent)時間(time)に(at)

be decent of ~

~なのはありがたいと思う・・・~に対して(of ~)親切にしてもらう(be decent)

be decent in ~

~はきちんとしていた、品格があった・・・~に対する(in)態度がなどがしっかりしていた(be decent)

be decent to ~

~に親切にする・・・~に(to ~)しっかりした対応をする(be decent)

decent language

上品な言葉・・・上品な(decent)言葉(language)

スポンサーリンク

decentをおぼえよう

decent」は「社会的にしっかりしている」とおぼえておくと良いでしょう。最初にもある「服を着ている」という意味も、真っ裸で外を歩いたら社会的にはアウトですよね。世間に認められるようなレベルのもの(収入、食事、言葉遣いなど)にも「decent」を使います。

対応がしっかりしている=親切にする、そのことにたいして感謝するという意味にも解釈を展開していくことができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました