記事内に広告が含まれます

Irving Aaronson

【広告です】

Irving A. Aaronson (1895年2月7日 – 1963年3月10日)

アメリカのJazzピアニスト、ビッグバンドのリーダー

Irving Aaronsonの経歴

ニューヨーク出身のIrving AaronsonはDavid Mannes音楽学校でAlfred Sendryに師事しクラシックピアノの練習をしていました。11歳からサイレント映画館 (ニッケルオデオン・nickelodeon) でピアノの伴奏をしていました。 1921年にヒット曲「Boo-Hoo-Hoo」を共作しています。最初のバンドはThe Versatile Sextetteというバンドで1925年にはIrving Aaronson and His CrusadersとしてEdison Recordsで録音しています。1926年からはVictorと契約し、バンド名をIrving Aaronson and His Commandersに変更しました。1928年にCole Porterのミュージカル「Pari」に出演したことでバンドはブレイクしました。その中の一曲Let’s Misbehaveヒットしました。1929年にVictorとの契約が終わり1930年にBrunswickのために録音しましたがARCによる会社の買収の影響を受けて販売されることはありませんでした。1933年にはVocalion Recordsで録音し、1934年、1935年にはColumbia Recordsで録音しています。

1935年、NBCでIrving Aaronson and His Orchestraのラジオ番組のヘッドライナーを務め、バンドはアメリカ中の映画館やダンスホールで演奏しています。バンドにはPhil SaxeJoe GillespieArtie ShawGene KrupaTony Pastorなど、後のSwing時代の重要人物となるミュージシャンが参加していました。

1939年にはBilly Mann(投資家でYacht Club Boysの創設メンバー)にバンドが買収されました。ピアニストとしてバンドに残りましたが、1940年にMetro-Goldwyn-Mayer映画スタジオに音楽監督として入社し、1963年に心臓発作で亡くなるまでプロデューサーのJoe Pasternakのアシスタントを務めていました。

Irving Aaronsonが作曲した曲

Mary and John

Boo-Hoo-Hoo (You’re Going to Cry When I’m Gone)

Irving Aaronsonがプレイヤーとして参加した曲

Irving Aaronson and His Crusaders

Irving Aaronson and His Commanders

Irving Aaronsonがクレジットされている映画

  • Fiesta:闘牛の女王 (1947)
  • Up In Central Park (1948)
  • The Great Caruso:歌劇王カルーソ (1951)
  • Fearless Fagan (1952)
  • The Merry Widow:メリイ・ウィドウ (1952)
  • Because You’re Mine (1952)
  • The Story Of Three Loves:三つの恋の物語 (1953)
  • Love Me Or Leave Me : 情欲の悪魔 (1955)
  • Meet Me in Las Vegas:ラスヴェガスで逢いましょう (1956)
  • The Opposite Sex (1956)
  • Ten Thousand Bedrooms (1957)
  • This Could Be The Night (1957)
  • Seven Hills Of Rome (1957)
  • Ask Any Girl:恋の売込み作戦 (1959)
  • Please Don’t Eat The Daisies:ママは腕まくり (1960)
  • Where the Boys Are:ボーイハント (1960)
  • The Horizontal Lieutenant:戦略泥棒作戦 (1962)
  • Billy Rose’s Jumbo:ジャンボ (1962)
  • The Courtship Of Eddie’s Father:けっさくなエディ (1963)