記事内に広告が含まれます

our hope / 羊文学 (2022) – アルバムレビュー No. 4

our hope アイキャッチ Album Review
この記事は約3分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)」です。聴いたアルバムを僕が「好き」か「嫌い」で評価していく、わがままなコーナーです。好きな曲がどれだけあるか?を指標にしています。
採点の方法についてはこちらにまとめていますので参考にしてくださいね。

(2022.05.11. 時点で5枚目)

【広告です】

our hope / 羊文学

our hope アイキャッチ

2022年4月20日にリリースされた羊文学のメジャー2枚目のアルバムです。もう4曲もタイアップがついていて、これからますます楽しみなバンドですよ。初回生産限定盤にはBlu-Rayもついているので、ライブ映像も見れちゃいますよ。
これ、名盤かもしれないです。


Try Apple Music

our hope

気になる曲に簡単な一言コメントをいれていきますね。MVや元ネタの曲など見つけられたものは一緒に貼っておきますので、聞き比べたりしてみるもの楽しいですよ。

アルバム発売にあわせてメンバーのインタビューが出ていたのでおいておきますね。

羊文学「our hope」特集|暗い部屋の中で探した少しの希望、バンドの新たな一面が垣間見えるメジャー2ndアルバム - 音楽ナタリー 特集・インタビュー
羊文学が4月20日にニューアルバム「ourhope」をリリースした。

M1. hopi

静かなオープニング。ジャケ写のような空気感。

M2. 光るとき

慰め、励ます。優しさの塊。そんな曲だと思いますよ。

TVアニメ「平家物語」オープニングテーマです。「平家物語」のサイトにインタビューがありました。

M3. パーティーはすぐそこ

アップテンポの曲。コーラスがいい感じ。

M4. 電波の街

イントロから好き。ギターの音がいい!

M5. 金色

サビが好き。

M6. ラッキー

高音の伸びるところがいい感じ。

ahamoX music web キャンペーンソングです。

M7. くだらない

繰り返しのフレーズが心地よい。

M8. キャロル

サビ前の上がっていく感じが好き。

M9. ワンダー

イントロでドラムが入ってくるところ、カッコいい!

コニカミノルタ プラネタリウムドラマ「流れ星を待つ夜に」主題歌です。

M10. OOPARTS

シンセが入って厚みがまして、幻想的な感じ。後半にガンガン上がっていくのが好き。

M11. マヨイガ

サビが大好き!

アニメ映画「岬のマヨイガ」主題歌です。

M12. 予感

前半と後半のギャップがたまらない。

オススメの曲

このアルバムで僕が特に好きなのは「電波の街」と「マヨイガ」です。「光るとき」もすき。全体的に好きな曲が多く、これから何回も聞くことになりそうなアルバムですよ。名盤です!

our hope のスコアは?

  1. hopi
  2. 光るとき
  3. パーティーはすぐそこ
  4. 電波の街
  5. 金色
  6. ラッキー
  7. くだらない
  8. キャロル
  9. ワンダー
  10. OOPARTS
  11. マヨイガ
  12. 予感

12曲のうち「赤・3曲」「黒・8曲」なので「12.5/12*100=104
ということで「our hope」のスコアは・・・104でした!

Score 91-100 (100+)
「Score 91-100 (100+)」の記事一覧です。
https://amzn.to/3JSkWmp