Revival March / John Philip Sousa (1876)

revival marchアイキャッチ1870's
この記事は約2分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

スポンサーリンク

Revival March / John Philip Sousa

初めてオーケストラ向けに作曲したマーチの曲です。
この曲はフィラデルフィアの作曲家でオーケストラのリーダーであるSimon Simon Hasslerの提案で書かれたものと考えられています。曲中には賛美歌「[In the] Sweet Bye and Bye」が組み込まれています。

Sousaの音楽の先生だったJohn Esputa Jr.はSousaの行進曲を記録し、Sousaの音楽の才能の将来性を正しく予測していました。彼は1876年9月30日付の週刊新聞Musical Monitor紙に「John Philip Sousaが作曲したこの素晴らしい「Revival March」はフィラデルフィアのthe Chestnut St. TheatreでHasslerのオーケストラが演奏して大成功を収めた。若く熟練した彼の音楽の素晴らしい将来を予測する」と評価しています。

SOUSA Revival (1876) – "The President's Own" U.S. Marine Band

John Philip Sousaについて詳しく知りたい方は↓をチェックしてください。

讃美歌「(In The) Sweet Bye And Bye」

Revival Marchに組み込まれている讃美歌「(In The) Sweet Bye And Bye」はS. Fillmore Bennettが作詞、Joseph P. Websterが作曲した曲です。BennettとWebsterとのふとした会話の中で讃美歌のアイディアが浮かび、30分ほどで完成した曲とBennettが後に自伝に記しています。

In the sweet by and by
We shall meet on that beautiful shore.
In the sweet by and by
We shall meet on that beautiful shore.

このフレーズが印象的なこの曲は19世紀に一気にポピュラーになり、ゴスペルのスタンダードとなりました。ニューオーリンズのジャズの伝統では、「Sweet By-and-By」は、いわゆる「ジャズ葬式」で演奏される一般的な葬送曲です。
20世紀に入ってもElvis Presley、Louis Armstrong、Johnny Cash、Glen Campbell、Dolly Parton、Willie Nelson、Loretta Lynn、Kenny Rogersなどのアーティストたちがこの曲をカバーしています。

Revival Marchの楽曲プロフィール

  • Title : Revival March
  • Date : 1876年
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました