「突然に」だけじゃない「abrupt」の意味

abruptアイキャッチ Study English
この記事は約3分で読めます。

こんにちは 「あぽ(@apocryphally1)」です。 派手なアイキャッチで英単語を覚えていく「派手単」です。単語の意味を語源から辿っていき、どんな文脈でも対応できるようにその単語のコアのイメージをおぼえるのが目的です。単語力をモリモリ鍛えましょう!

これまでの「派手単」はこちらのリンクにまとめてありますので良かったら見てみてください。

派手なアイキャッチで英単語を学ぶ「派手単」
派手単シリーズをまとめてチェック
スポンサーリンク

abruptとは?

最初にあった形からそのまま永遠に残ることはまずありえないですね。物事は少しずつ変化してきます。それを気づかないふりをしながら受け入れて暮らしてます。その変化が急すぎるときに冷静に対処できる力を身に着けておかなくてはいけません。僕はまだ全然できていませんが。

今回のBGMは「ラブ・ストーリーは突然に」です。先日サブスク解禁となった小田和正さんのバージョンをお楽しみくださいね。いやー、懐かしい。

辞書的な意味

突然の、不意の、無愛想な、ぶっきらぼうな、飛躍の多い、切り立った、険しい

語源

断ち切る」という意味のラテン語の「abrupere」の過去分詞「abruptus」がルーツです。「ab-」が離れる、「rumpere」が破れるという意味です。いままで続いていたものをバサッと切り落とすイメージですね。

ついでに覚えてしまう単語

abruption・・・急激に分裂すること

abruptly・・・にわかに、突然に、ぶっきらぼうに、飛躍して、とぎれとぎれに、急に、険しく

sudden・・・突然

peremptory・・・横柄な、ぶっきらぼうな

curt・・・そっけない

brusque・・・ぶっきらぼうな、そっけない

フレーズなど

abruptを使ったフレーズなどを集めています。辞書的な意味からイメージを展開して解釈しています。想像力を膨らませてください。

abrupt change

急変すること・・・急に(abrupt)状況が変化すること(change)

abrupt ending

突然終わりを迎える・・・急に(abrupt)終わってしまう(ending)

abrupt junction

ステップ接合・・・ 境界のドーパント濃度が急激に変化するpn接合(電子関係の用語)

abrupt with (人)

(人)に無愛想・・・(人)との(with)用件が終わるとすぐに会話をやめてしまう(abrupt)

an abrupt death

急死・・・突然(abrupt)死ぬ(death)

an abrupt descent/ascent

急な下り坂/上り坂・・・坂(descent/ascent)が急である(abrupt)

an abrupt question

不意の質問・・・いきなり(abrupt)質問される(question)

an abrupt turn

急旋回・・・急に(abrupt)曲がる(turn)

an abrupt style

まとまりのないやり方・・・やり方が(style)ころころかわる(aburupt)

in an abrupt manner

ぶっきらぼうに・・・必要な要件以外は対応しない→必要なことが終わるとすぐにコミュニケーションをやめてしまうイメージ

in an abrupt way

不意に・・・今までしていたことから急に変わって(abrupt)

スポンサーリンク

abruptをおぼえよう

abruptがでてきたら「いままでしていたこと(続いていたこと)を急にやめる」とイメージすると分かりやすいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました