Review / John Philip Sousa (1873)

john philip sousa review アイキャッチ1870's
この記事は約2分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

スポンサーリンク

Review / John Philip Sousa

Sousaの初めて出版されたマーチの曲です。1873年にSheet Musicとして100部出版されました。この曲は「Opus 5」と呼ばれワシントン軽歩兵のWilliam G. Moore大佐にささげられた曲です。

SOUSA Review (1873) – "The President's Own" U.S. Marine Band


John Philip Sousaについて詳しく知りたい方は↓をチェックしてください。

William G. Moore大佐について

この曲をささげられたWilliam G. Moore大佐とはどんな人物なのでしょうか?気になったので少し調べてみましたが、ほとんど情報がありませんでした。

元々は主に議会の議論を記事にしていた新聞記者だったようです。南北戦争が始まるまではモンゴメリー・マイグス将軍(General Montgomery Meigs)の下で公共事業部門の仕事をしていました。南北戦争がはじまるとライフル協会に入ります。短期間の勤務の後、彼は戦争長官の個人秘書を務めるよう求められました。その後、少佐に昇進し、ボランティア副総督になりました。
南北戦争の終結後、ムーア少佐はアンドリュー・ジョンソン大統領の秘書に任命されます。その後、彼は大佐に任命され軍の給与管理を行いながら南西部をめぐっていきました。

1870年に彼はワシントンに戻り、ワシントン軽歩兵の指揮官になり、その後地区民兵の第一連隊の大佐になりました。監督に任命されると、Mooreは歴史の中で最も長く奉仕した監督の1人となり、近代化に向けて部隊を整える責任を負いました。部隊の効率を改善し、現在も存在する多くの制度や法律の創設を主導しました。Mooreの革新的なリーダーシップにより、警察は大きな前進を遂げました。

1898年7月に短い病気の後、事務所で亡くなりました。彼は、警察活動の新時代を先導したとされています。

High School Cadetsの楽曲プロフィール

  • Title : High School Cadets
  • Date : 1873年
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました