Resumption / John Philip Sousa (1879)

resumptionアイキャッチ1870's
この記事は約2分で読めます。

こんにちは「あぽ(@apocryphally1)です。POPSの歴史をたどっていくMuseum of POP Musicのコーナーへようこそ!録音技術が確立した19世紀末ころからの音楽をコレクションしています。100年ほど前の大衆音楽からJazzやBluesが発展していくポピュラー音楽の黎明期を発掘してきますよ。

スポンサーリンク

Resumption / John Philip Soua

このマーチのタイトルの由来は、南北戦争後のインフレと不況の後のアメリカで金と銀のコインの使用の再開からきています。Sheet musicの表紙には「To Capt. N. L. Nokes. U. S. Marine Corps.」と記載されています。

Try Apple Music

John Philip Sousaについて詳しく知りたい方は↓の記事をチェック!

Resumption Act of 1875とは?

1875年の再開法の議論では、アメリカの歴史の中で南北戦争のグリーンバックの継続的な使用を提唱した「ソフトマネー」支持者と、紙幣を償還して正貨を再開することを希望した「ハードマネー」支持者との論争が最高潮に達しました。

南北戦争の終わりまでに、4億3,000万ドルを超えるドル紙幣が流通し、議会の命令により法定通貨となりました。最高裁判所がグリーンバックの合憲性を法定通貨として制裁した後、議会のハードマネー擁護者たちは支払いの早期再開と紙幣の廃止を要求しました。

1875年1月14日、議会は再開法を可決し、1879年1月1日以降、財務省長官が法定通貨の手形を償還するよう求めました。この法案は流通中のグリーンバックを3億ドルに減らし、分数の紙幣(「shinplasters」)をできるだけ早く銀貨に置き換えるためのものでした。

新しいグリーンバック党のメンバーは再開法に激しく反対し、1878年に彼らは流通で許可される紙幣の金額を上げることに成功しました。しかし再開法は予定通りに進み、ジョン・シャーマン財務長官は予想される需要を満たすのに十分な金を蓄えました。紙幣が「金のように良い」ことを公衆が認識したとき、引き換えを急ぐ必要はなくグリーンバックは通貨として使い続けられました。

Captain N. L. Nokesという人物について

海兵隊の履歴を調べてみると、N. L. Nokesは1841年4月3日にワシントンD. C.で生まれました。1861年に入隊して1883年10月7日にU. S. S. Hartfordに乗船中、ニカラグアのコリントで亡くなりました。Sousaと同じワシントン生まれで、1865-66年と1869-70年、1875-78年にワシントンに赴任していたので、知り合いだったのかもしれません。

Resumptionの楽曲プロフィール

  • Title : Resumption
  • Date : 1879年
  • Composer : John Philip Sousa

コメント

タイトルとURLをコピーしました